Monday, December 22, 2008

【大阪毎日新聞】太陽の塔にデジタル掛け軸 幻想世界に感嘆の声


送信者 d-k-LIVE@Expo70-Park.Osaka.jp

太陽の塔にデジタル映像を投影する「デジタル掛け軸ライブ」

 吹田市の万博記念公園で、「太陽の塔」にデジタル映像を投影する「太陽の塔 D-K(デジタル掛け軸)ライブ」が開かれている。白い塔をスクリーンに見立て、色とりどりの光を投射して演出する幻想的な世界に、来場者から感嘆の声が上がる。25日まで。

 同公園は昨年から、並木道などを発光ダイオード(LED)で飾るイルミネーションを始めたが、今年は「D-Kライブ」を新たに加えた。映像作家の長谷川章さんがデザインした100万パターンを、投影機を使い映し出す。

 イルミネーションで使用する電力は、環境に配慮し、使用済み食用油などのバイオディーゼル燃料で賄っている。投影は午後5~9時。入園料大人250円、小中学生70円。【川端智子】

2008年12月22日 大阪版掲載

2008年12月23日
http://mainichi.jp/kansai/photo/news/20081222oog00m040012000c.html



-太陽の塔 デジタル掛け軸ライブ 2008
http://shiirro.at.webry.info/200812/article_10.html
-太陽の塔「デジタル掛け軸」
http://blogs.yahoo.co.jp/shu_24jp/21291802.html#21291802

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home